ACE直営ショッピングサイトへようこそ!

close

  • 数量限定セール
  • ショッピングカート

    目的の商品を探す

    商品履歴閲覧

    • LINE@

    TSAロックの使い方

    TSAロックとは

    現在、米国領土内のすべての空港では、国内の移動や出国の際、預け手荷物をTSA(米国運輸保安局)が検査することになっているため、乗客は荷物を解錠して預けることを求められます。しかし、TSA LOCK?(米国運輸保安局より認可を受けた先進のロックシステム)搭載の鞄は、TSA職員が特殊ツールを使って解錠が可能。鍵をかけたまま預けることができるので安心です。

    ※緊急の場合など検査の状況によっては、TSA職員が錠前を壊すことも皆無ではありません。予めご了承ください。詳しくはTravel Sentry公式ウェブサイト(www.travelsentry.org)をご覧ください。
    ※日本からの出国の際は各航空会社によって対応が異なり、TSA LOCK®搭載の鞄でも解錠して預けることを求められる場合があります。

    ジッパータイプ / ダイヤルロック式

    スーツケースの開け方・解錠

    • ご注意
      ・ジッパーを途中までしか開けない状態でスーツケースを無理に開くと、ジッパーが破損する恐れがあります。

    スーツケースの閉じ方・施錠

    • ご注意
      ・操作時に指を挟んだり、爪を損傷したりしないように十分注意してください。

    暗証番号のセット方法

    工場出荷時には「0-0-0」にセットされています。まずはご確認いただき、次の手順に従って、覚えやすい3ケタの番号にセットしてください。

    • ご注意
      ・ダイヤルが正しい暗証番号になっていないと、ダイヤルチェンジボタンを押し込む事ができません。無理に押し込みますと、故障の原因となります。

    • ご注意
      ・暗証番号を変更する場合は、1〜4の手順を繰り返してください。
      ・あなたがセットした暗証番号を、パスポートや手帳にメモしておくと、万一忘れた場合などに安心です。

    暗証番号を忘れた場合

    ・「0-0-0」から「9-9-9」まで順にお試しいただくか、エースカスタマーセンターにお問い合わせください。(www.ace.jp)

    ・ダイヤルチェンジボタンは、リセットボタンではありません。現在の暗証番号と異なる番号(0-0-0など)に合わせてダイヤルチェンジボタンを押し込んでしまいますと、故障の原因となりますのでご注意ください。

    TSA職員が検査のために解錠した場合、通常は問題なくそのままご使用になれますが、まれに鍵穴を正常位置に戻していない場合があります。その場合は、マイナスドライバー等、先端の平らなものを差し込み、左右どちらかに回して所定の位置に戻してからご使用ください。そのままですと、TSAロックを使用することができません。

    TSAロック取り扱い上のご注意

    • 操作時に指を挟んだり、爪を損傷したりしないように十分注意してください。
    • 引き手の差し込み方が不十分であったり、引き手を差し込んだ後、スライドボタンを途中まで押したような場合に、施錠しても引き手がロックされないことがあります。引き手は確実に差し込んで下さい。

    ページトップへ

    フレームタイプ / ダイヤルロック式

    スーツケースの開け方・解錠

    スーツケースの閉じ方・施錠

    • ご注意
      ・ダイヤルが正しい暗証番号になっていないと、リフトレバーを押し下げることができません。

    暗証番号のセット方法

    工場出荷時には「0-0-0」にセットされています。まずはご確認いただき、次の手順に従って、覚えやすい3ケタの番号にセットしてください。

    暗証番号を忘れた場合

    ・「0-0-0」から「9-9-9」まで順にお試しいただくか、エースカスタマーセンターにお問い合わせください。(www.ace.jp)

    ・ダイヤルチェンジボタンは、リセットボタンではありません。現在の暗証番号と異なる番号(0-0-0など)に合わせてダイヤルチェンジボタンを押し込んでしまいますと、故障の原因となりますのでご注意ください。

    TSA職員が検査のために解錠した場合、通常は問題なくそのままご使用になれますが、まれに鍵穴を正常位置に戻していない場合があります。その場合は、マイナスドライバー等、先端の平らなものを差し込み、左右どちらかに回して所定の位置に戻してからご使用ください。そのままですと、TSAロックを使用することができません。

    TSAロック取り扱い上のご注意

    • 操作時に指を挟んだり、爪を損傷したりしないように十分注意してください。

    ページトップへ

    ラッチタイプ / ダイヤルロック式

    スーツケースの開け方・解錠

    スーツケースの閉じ方・施錠

    • ご注意
      ・ダイヤルが正しい暗証番号になっていないと、ラッチを閉錠位置まで押し下げることができません。無理に押し下げると、施錠機構の動作に悪影響を及ぼしたり、破損につながります。

    暗証番号のセット方法

    工場出荷時には「0-0-0」にセットされています。まずはご確認いただき、次の手順に従って、覚えやすい3ケタの番号にセットしてください。

    暗証番号を忘れた場合

    ・「0-0-0」から「9-9-9」まで順にお試しいただくか、エースカスタマーセンターにお問い合わせください。(www.ace.jp)

    ・ダイヤルチェンジボタンは、リセットボタンではありません。現在の暗証番号と異なる番号(0-0-0など)に合わせてダイヤルチェンジボタンを押し込んでしまいますと、故障の原因となりますのでご注意ください。

    TSA職員が検査のために解錠した場合、通常は問題なくそのままご使用になれますが、まれに鍵穴を正常位置に戻していない場合があります。その場合は、マイナスドライバー等、先端の平らなものを差し込み、左右どちらかに回して所定の位置に戻してからご使用ください。そのままですと、TSAロックを使用することができません。

    TSAロック取り扱い上のご注意

    • 操作時に指を挟んだり、爪を損傷したりしないように十分注意してください。

    ページトップへ